【ライバル車比較】ベンツCLA vs アクセラハイブリッド(アウディ+スバル)

投稿日:2017年5月9日 更新日:

【ライバル車比較】ベンツCLA vs アクセラハイブリッド(アウディ+スバル)

「メルセデス・ベンツ(CLA)が欲しい!」

「…けど、他のクルマも魅力的かも知れない。どうすれば??」

という人のために、メルセデス・ベンツ(CLA)とライバル車を比較してみました。

メルセデス・ベンツ(CLA)のライバル車

  • スバル(LEVOG,WRX S4)
  • アウディ(A3 SEDAN)
  • フォルクスワーゲン(GOLF VARIANT)
  • マツダ AXELA HYBRID(アクセラ ハイブリッド)

スバル(WRX S4)

欧州プレミアム勢を目指し上質さを実現した

もともとはスポーティなシャーシ性能を実現するためのポテンシャルを、快適性や上質感にふって欧州プレミアムのような乗り心地を目指したWRX S4。

狙いは決して悪くないが、ハイパワーエンジンとCVTのマッチングは今ひとつである。

スバル(LEVOG)

サイズ感やパッケージなど日本にベストマッチの人気者

日本の道路事情とのマッチを考えたレヴォーグは、サイズ感がよくて人気車種だ。

だが、全幅が同じでホイールベースはより長いCLAスーティングブレークの方が最小回転半径は0.3mも短い。

フラット4はそこが不利。

アウディ(A3 SEDAN)

CLAクーペのライバル筆頭となるモデル

小さいが高級なセダンをCLA以外で探すとA3セダンが筆頭。

CLAに比べるとパッケージなどは真面目に考えられているので使い勝手はいいが、スタイリングの面白みに欠ける。

よくいえば端正だが、地味に映るのだ。

フォルクスワーゲン(GOLF VARIANT)

俊逸なパッケージで優れた使い勝手に見せる

スペース効率に優れ使い勝手のよい優等生ぶりを見せるのがフォルクスワーゲンらしいところ。

その真面目さはマツダやスバルをも上回る。

乗り心地は快適だが、高速域ではドイツ車に期待するほどのフラット感はない。

メルセデス・ベンツ(CLA) vs マツダ アクセラ ハイブリッド

新しい価値観を見出す、CLAのクーペスタイル

メルセデス・ベンツの新世代ラインアップの中で、claは意欲的なモデルといえる。

コンパクトながら高級なセダン(およびワゴン)というジャンルは今までもあったが、定着することはかなわず出ては消え、を繰り返してきたからだ。

CLAはダウンサイジング志向が高まっていることへの対応、大型化したCクラスの穴を埋める意味合いなども含めて生まれてきたが、巷の予想を上回るヒット作になっている。

成功の要因はいくつかあるが、もっとも大きいのはデザインの魅力だろう。

テールエンドへ向けて優雅に弧を描くルーフラインに、最近のメルセデス・ベンツらしい情熱がより濃厚に表現されている。

セダンとしての昨日よりも、美しい4ドアクーペとして割り切った斬新さがもたらした勝利といっていい。

それによって後席の居住性、条項性は良いとは言えないが、1~2人ノリが多いパーソナルカーが欲しいけど、ハッチバックではカジュアルすぎるという場合には、格好の選択肢となる。

後席を使う頻度が高いのなら、CLAシューティングブレークがおすすめ。

ルーフラインが下がり始めるポイントが後方になるので、後席ヘッドラインに余裕が出るのだ。

ライバルたちはセダンとしての機能は上だが、それと引き換えに地味になり、昨今のセダン離れに対する回答としては弱い。

A3セダンはその典型でよくできている割には人気は今ひとつだ。

CLAはリヤサスペンションまわりが専用開発され同時に、前後重量配分がハッチバックに比べ後ろ寄りになることもあって、乗り心地は落ち着いた方向性だ。

とはいえ、このプラットフォームはスポーティな走りの資源が高いので、大人しすぎることはない。

ワインディングでは俊敏な走りを楽しませてくれるが、街中での快適性や高速クルージングでのゆったり感はAクラスより一枚上手といえる。

ハッチバックに対して、もう少しだがコストと手間ひまをかけて性能を底上げしているのだ。

アクセラハイブリッド(マツダ)は、最近のマツダらしくデザインの魅力やインテリアの質感等は日本のノン・プレミアムブランドとしてはトップレベル。

さすがにメルセデス・ベンツと肩を並べるとまではいかないが、限られたコストの中でいい仕事をしている。

走りもかなり頑張っているが、ボディをはじめとする全体の剛性感やステアリングフィールの確かさ、ノイズバイブレーションの感じ方からくる上質感などは、メルセデス・ベンツにはまだまだ及ばない。

WRX S4 や レヴォーグ は剛性感や操縦安定性ではかなりのものだが、デザインや上質さは今ひとつだ。

最近の日本車、とくにマツダやスバルを筆頭に、信頼性だけでなく走る歓びや個性などの実力が上がっているが、メルセデス・ベンツに学ぶところはまだ多くあることを比較して試乗してみるとよくわかる。

価格にしても日本者はそこまで安くなく、メルセデス・ベンツは円安になっても頑張った値付け。

リセールバリューを含めたコストパフォーマンスを考えると、CLAは選択して間違いないモデルなのだ。

さいごに、ちょっと得する情報

メルセデス・ベンツBクラス

「資金作りのために、今乗っている車をできるだけ高く売りたい」
「メルセデス・ベンツに買い換えたとき、今乗っている車の売却交渉を優位に進めるために、相場を知っておきたい」
という方のために、

かんたん車査定ガイド なら、たった1分下取り価格の最高額相場がわかります。(しかも無料!)

※無料査定だけでもOK。実際に売るか売らないかは自由です。

 

TOPに戻る ⇒ ベンツ値引きの極意

-メルセデス・ベンツ値引き

Copyright© 【ベンツ値引き王】100万円得する交渉術とは?|値引き額の相場・新車価格・最安値で購入 , 2018 AllRights Reserved.