メルセデス・ベンツが欲しい人
メルセデス・ベンツが欲しいなぁ…。
一括で買うにしても、ローンするにしても、まとまったお金が…
でも、大丈夫!
そんなあなたに「ベンツの購入資金を作る方法」をお伝えします

 

ベンツの購入資金を作る方法

 

メルセデス・ベンツのグレード別 値引き額の相場

メルセデス・ベンツの値引き額(相場)は、以下となっています。

クラス・車型 割引き額(万円)
Aクラス(コンパクトカー&ハッチバック) 13万~29万円
Bクラス(コンパクトカー&ハッチバック) 14万~30万円
GLA(SUV) 15万~30万円
GLC(SUV) 13万~30万円
GLEクーペ(SUV) 15万~28万円
GLE(SUV) 16万~31万円
GLS(SUV) 20万~43万円
Gクラス(SUV) 20万~45万円
Cクラス(セダン) 15万~35万円
Eクラス(セダン) 10万~25万円
CLAクーペ(セダン) 15万~30万円
CLSクーペ(セダン) 15万~36万円
Sクラス(セダン) 15万~35万円
Cクラスステーションワゴン(ステーションワゴン) 17万~33万円
Eクラスステーションワゴン(ステーションワゴン) 18万~35万円
CLAシューティングブレーク(ステーションワゴン) 15万~30万円
CLSシューティングブレーク(ステーションワゴン) 20万~40万円
Vクラス(ミニバン) 10万~25万円
Cクラスクーペ(スポーツ&オープン) 17万~35万円
Eクラスクーペ(スポーツ&オープン) 16万~34万円
SLC(スポーツ&オープン) 16万~35万円

それでは、ここから更に安くする方法をご紹介します。

 

メルセデス・ベンツを最安値で購入する値引き交渉術

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

メルセデス・ベンツが欲しい人
新車は高いから手が出ない…
メルセデス・ベンツが欲しい人
値引きしたいけど、新車って安くならないんでしょ?

確かに、「新車を安く買うのって難しそうだ…」と思ってしまいますよね?

しかし、今からチェックポイント・評価・評判する方法なら、値引き額を大きくアップさせて、安く新車を買うことができます。

以前、私が乗っていた車で、この方法を試しました。

その結果、当初提示された金額から値引き額がなんと100万円もアップしました!!

この「新車をとても安く購入できる方法」は、誰にでも実践できるので、ぜひ試してみください。

【必見】値引き額をアップする方法

値引き金額

方法1:ライバル車と競わせる

まず、ライバル車を調べます。

ライバル車とは、あなたが「買いたい!」と思っている車と、以下の特徴が似ているクルマです。

1、車の形状(ミニバン、セダン、SUVなど)
2、ボディサイズ
3、エンジンの排気量
4、価格

値引きで特に大切なポイントは・・・狙っている車よりも価格が少し安いライバル車を見つけること、です。

そうすることで、

メルセデス・ベンツが欲しい人
「クルマとしては狙っている車の方が魅力的ですが、ライバル車の方が値段は魅力的なので、迷っているんです。」

という図式ができあがります。

これによって、あなたが本当に狙っている車の値下げ交渉に入れるのです。

ベンツのライバル車

アクセラ セダン
・インプレッサG4
・シルフィ

アクセラ スポーツ
・インプレッサスポーツ
・オーリス
・フォルクスワーゲン(ゴルフ)

方法2:総額で攻める

実は、車には値引きできる箇所がいくつもあります。

・本体車両価格の値引き

・付属品の値引き

・ローン利用による値引き

などです。

しかし、これらは個々で攻めるよりも、「総額」で攻めた方が結果的に安くなります。

理由は、「本体車両価格」や「付属品の価格」などの個々では、値引きできる金額は大きくないからです。

具体的な攻め方としては、

現金一括なら「総額で250万円にならないかな?」

ローンを組むなら「月々2万円以内に収めたい」

といった具合で伝えてください。

もちろん、それが多少無理な数字になるのはお約束!

でも、営業マンは個々で攻められるよりも、大枠で攻められる方が条件をいじりやすいのです。

こちらから総額を提案すれば、営業マンが「じゃあ、ドコとドコを値引きすれば、その金額にできるか?」をすべて計算してくれるのです。

方法3:下取り価格を上げる

(※実は値引きをする上で、ここが一番大切です。)

新車を買う時、現在あなたが乗っている車を、新車を買うお店にそのまま下取りに出してはいけません

他の買取店などで見積もりを取ってもらって、車の下取り価格を競合させましょう。

実は、買取査定というのはとてもピンキリで、最大で100万円くらいの差がでることもあるからです。
車の無料一括査定(見積もり)

新車を買ったときに、もし買取相場を知らずにディーラーに下取りを任せてしまうと、大損することもあるのです!!

「事前に、他の買取店で見積もりを取ったほうが良いのはわかったけど、なんだかめんどくさいな…」

でも、そういう方には、「かんたん車査定ガイド」というネットで査定できるサービスがあります。

無料で複数の会社から査定してもらえるので、わざわざ店に行かなくても愛車の最高値相場が、すぐにわかります。

最高額のところに売るのもOKですし、査定するだけでももちろんOKです。

所要時間は、たったの1分弱

これなら、忙しくても大丈夫ですよね?

最近の新車は、車両本体価格からの値引き余力は、非常に少なくなっています。

そのため、営業マンも車両本体値引きについてはそれほど駆け引きせずに、初回からいきなり限界値に近い条件を提示してきます。

つまり、粘っても値引き額が拡大するレベルのは、たかがしれているのです。

そこでおすすめしたいのが、下取り金額を上げることなのです。

私の例ですが、当初は

本体値引き10万、下取り30万円

と言われていました。

しかし、事前に下取り専門店(かんたん車査定ガイド)で愛車の最高額を調べていたおかげで、下取り額を上げることができ、全体的な値引き額のアップにつながりました。

値引き額をアップする方法でもチェックポイント・評価・評判した「ライバル車と競わせる」方法も使った結果、

最終的には、

本体値引き20万、下取り80万円

になりました。

値引き額で10万円ですが、下取り額では50万円もアップしています。

合計で100万円値引き額アップを実現しました。

特に下取り額の50万円アップは、わずか1分弱でできたのです。

わずか1分弱で、値引き額をアップさせますか?

それとも値引きを諦めてしまいますか?

たった1分!
愛車の下取り最高額を知る(無料)

 

【グレード別】価格・評判・値引き情報

ドライブするたびに得られる所有する満足感

メルセデス・ベンツブランドのクルマであるから、品質に関しては申し分ないレベルにある。

車内に乗り込んだ瞬間から、特別なクルマに乗っているという満足感を得られる。

いまどきのメルセデス・ベンツは遠い存在ではないのです!

メルセデス・ベンツはプレミアムブランドの代表だから、高価格車という印象が強いが、今では求めやすい車種も充実している。

たとえば、Aクラス。
A180の価格は326万円で、日本車に当てはめると高い部類に属するが、装備も豊富に標準装備されている。
安全面では、緊急自動ブレーキを作動できるCPAプラス、サイド/ウインドウ/ニーエアバッグ、夜間でも良好な視界を確保できるLEDハイパフォーマンスヘッドライト、ハイビーム時に配光を自動調整して対向車の眩惑を抑えるアダプティブハイビームアシストなどをすべて備える。

さらに快適装備としてエンジンの指導や停止をスイッチで行えるキーレスゴー、前席のシートヒーター、8インチワイドディスプレイ、アルミホイールなども装着した。

こういった装備は、日本車ではオプション設定になることが多く、少なくとも総額40万円程度には換算される。
つまり日本車の価格設定であれば、A180の車両本体価格は286万円くらいだろう。
そこに40万円分の上級装備を加えて326万円という計算が成り立つわけだ。

このような機能や装備の充実による割安感は、Aクラスに限らず、メルセデス・ベンツの幅広い車種に当てはまる。
装備内容が充実しているから、オプションで上乗せする金額が少ない。
なので車両本体の価格ではなく、オプションを加えた見積書を入手して支払総額で判断すれば、購入予算が日本車と比べてさほど高くないことに気づくはずだ。

また、エコカー減税を受けられる車種が豊富なことも特徴だ。
売れ筋車種の大半に用意され、減税合計額はA180であれば約7万9700円、CLA250(496万円)では約5万5300円に達する。

アフターサービスにも注目したい。
購入時にメルセデス・ケアが無料付帯されて3年間の保証を受けられるとともに、24時間のツーリングサポートもある。
故障などの時にはコールセンターが24時間の受付をしており、最寄りのメルセデス・ベンツ指定サービス工場への牽引などを無料で行う。
条件に応じて帰宅等の費用を負担するサービスも受けられるので安心感がある。

このほかお得な選び方として、低金利の残価設定ローンも用意されている。
「まるごとプラン」であれば、5年間にわたる年利2.9%の残価設定ローンに、メンテナンスプラス、保証プラスを付帯させて負担額を抑えられる。
お得な上に安心感も高い。

なお、メルセデス・ベンツの買い方は、日本車と同じだ。
まずはディーラーに出かけて、実写を見たり、説明を受けたい。
いずれの店舗も店内が明るく、展示車両が見やすいように配慮されている。
試乗車も豊富だ。

プレミアムブランドには何となく敷居が高い印象もあるが、メルセデス・ベンツのディーラーはどこでもフレンドリーに接してくれる。
買い物に出かけた時など、気軽に立ち寄ると良い。

 

メルセデスベンツ Aクラス

メルセデス・ベンツ Aクラス

ハイレベルな基本性能を持ち、安心と満足を実感できる選択。

メルセデス・ベンツは日本市場との親和性が高い車が、その中でもAクラスは扱いやすいという特徴を持つことから、幅広いユーザーから支持されている。

スポーティでカジュアルなスタイルと、価格を割安に抑えていることが魅力です!

新車価格表(グレード別)

グレード 価格(万円・税込)
A180 Style 296万円
A180 326万円
A180 Sports 387万円
A250 SPORT 4MATIC 529万円

購入見積もり/維持費(概算)

項目 金額
車両本体価格 3,018,519円
車両本体消費税 241,841円
自動車税(年額) 39,500円
自動車取得税(40%減税) 32,500円
自動車重量税(25%減税) 11,200円
自賠責保険料 40,040円
リサイクル料金 19,830円
リサイクル料金 60,000円
合計 3,463,070円

基本情報・燃費・サイズ

グレード名 A180 Style A180 A180 Sports A250 SPORT 4MATIC
全長×全幅×全高 4300×1780×1435mm 4355×1780×1420mm
ホイールベース 2700mm
トレッド 前/後 1555/1550mm 1545/1545mm 1555/1560mm
車両重量(kg) 1430 1430<1460> 1440<1470> 1530<1560>
最小回転半径 5.1m
エンジンタイプ 直4DOHCターボ
総排気量 1595 1991
最高出力(kW[ps]/rpm) 90[122]/5000 160[218]/5500
最大トルク(N・m[kg-m]/rpm) 200[20.4]/1250~40000 350[35.7]/1200~4000
トランスミッション 7速AT(7G-DCT)
駆動方式 FF 4WD
JC08モード燃費 17.6 13.7<13.2>

※A 180 Styleは、受注生産。
※<>はパノラミックスライディングルーフ装着時。

評価/評判(新型メルセデスベンツAクラス)

メルセデスのイメージを覆すスポーツハッチ。
カジュアルな内外装を備えるが、中身はメルセデスの最新技術が惜しみなく投入されている。

おすすめグレード
A 180 2リットルターボエンジンのパワーは捨てがたいが、1.6リットルでも十分なトルクとパワーでスムーズに走ることができる。
燃費が良く経済面でも有利なグレードとなっている。
Aクラスを選ぶメリット

初めてメルセデスを購入する人、カジュアルにメルセデスを楽しみたい人におすすめ

メルセデス・ベンツのなかで、ボディが最も小さく価格を割安に抑えたのが5ドアハッチバックとなっている。

全長が4300mm、全幅は1780mm、全高は1435mm(A180、同スタイル)だから、日本者で言えばアクセラスポーツ、インポレッサスポーツなどと同等である。

混雑した街なかでも運転がしやすい。
後席にも余裕があり、大人4名の乗車にも適するからファミリーカーとしても使える。

初めてメルセデスを購入する人、カジュアルにメルセデスを楽しみたい人におすすめのクルマに仕上がっている。

パワフルでハイレベルなエンジン性能

エンジンはターボを装着した直4の1.6リットルと2リットルがある。

メルセデスAMG A45 4マッチの2リットルターボは、最高出力が381ps、最大トルクは48.4kg-mと高い。
自然吸気エンジンなら5リットル並みの性能で、現存する2リットルエンジン搭載車の中ではもっともパワフルな部類となる。

したがって日本者で言えばWRX STIのような別格の高性能車だが、このしようはAクラスの基本性能が高いことを物語っている。

Aクラスには5リットルエンジン並みの出力に対応できるポテンシャルがあり、それは1.6リットルのA180を買うユーザーの安心感やプライドも満たしてくれるだろう。

ニーズの高い装備が網羅され、数年後の査定でも有利

推奨グレードは、A180(326万円)だ。

より低価格版のA180スタイル(296万円)もあるが、ヘッドライトがハロゲンになってキーレスゴーも付かない。
A180であればニーズの高い装備が網羅されているから、幅広いユーザーが満足できる。
数年後の査定でも有利だ。

安全性を大幅に向上させるオプションが多数

オプションではレーダーセーフティパッケージ(19万9000円)がおすすめ。

後方の視界に入る車両を知らせるプラグインスポットアシスト、車線逸脱を警報するレーンキーピングアシストなどが備わり、標準装備される緊急自動ブレーキのCPAプラスと相まって、安全性が大幅に向上する。

さらに車間距離を自動調節しながら追従走行ができるディストロニックプラスも加わるから、長距離移動時の快適性も高い。

内装・パッケージオプション

機能・装備をプラスして満足度をさらに高める。

パッケージオプションは、Aクラスならではの機能も備わるが、基本的にはAクラスと同等の内容となる。

おすすめオプション
  • レーダーセーフティパッケージ
  • ベーシックパッケージ
  • COMANDシステムナビゲーションフルセット

対ライバルとの優位性検証

フォルクスワーゲン(VW) ゴルフ

ハイラインやGTIといったスポーティテイストに仕上げたモデルも用意されるが、見た目がコンサバでAクラスほどの個性に乏しい。

レクサス CT

ハイブリッドカーであるのは大きな魅力だが、モーター動力を駆使してもAクラスほどのファンな走りを堪能するのは少々難しい。

さいごに、ちょっと得する情報

メルセデス・ベンツBクラス

「資金作りのために、今乗っている車をできるだけ高く売りたい」
「メルセデス・ベンツに買い換えたとき、今乗っている車の売却交渉を優位に進めるために、相場を知っておきたい」
という方のために、

かんたん車査定ガイドなら、たった1分で下取り価格の最高額相場がわかります。(しかも無料!)※無料査定だけでもOK。実際に売るか売らないかは自由です。

 

メルセデスベンツ Bクラス

メルセデス・ベンツ Bクラス

立体駐車場が利用できるなど、実用的な機能と装備が充実しファミリーユースに最適な1台となっている。

Eクラスに匹敵する広い室内空間を備える。

荷室の使い勝手も良好で、非常に実用的なクルマとなっている。

多目的に使える背の高いコンパクトハッチです!

新車価格表(グレード別)

グレード 価格
B180 316万円
B180スポーツ 395万円
B250 4マチックスポーツ 505万円

購入見積もり/維持費(概算)

項目 金額
車両本体価格 2,898,148円
車両本体消費税 231,852円
自動車税(年額) 39,500円
自動車取得税(40%減税) 46,900円
自動車重量税(25%減税) 16,800円
自賠責保険料 40,040円
リサイクル料金 19,500円
リサイクル料金 60,000円
合計 3,352,740円

基本情報・燃費・サイズ

グレード名 B180 B180 Sports B250 4MATIC Sports
全長×全幅×全高 4440(B180は4400)×1785×1545mm
ホイールベース 2700mm
トレッド 前/後 1545/1545mm
車両重量(kg) 1450<1480>
1480<1510>
1480<1510>
1510<1540>
1600<1630>
最小回転半径 5.2m
エンジンタイプ 直4DOHCターボ
総排気量 1595cc 1991cc
最高出力(kW[ps]/rpm) 90[122]/5000 155[211]/5500
最大トルク(N・m[kg-m]/rpm) 200[20.4]/1250~40000 350[35.7]/1200~4000
トランスミッション 7速AT(7G-DCT)
駆動方式 FF 4WD
JC08モード燃費 16.7km/リットル 14.3km/リットル
車両本体価格(万円・税込) 313万円 392万円 500万円

評価/評判(新型メルセデスベンツBクラス)

小さなボディの中に、Eクラス並みの空間が広がる。
荷室の使い勝手も良好で、実用性の高い仕上がりとなっている。

おすすめグレード
B 180 ベーシックグレードだが、装備内容に不満はない。
それでいて313万円という価格設定となっていることから、コストパフォーマンスの高さが際立つ。
Bクラスを選ぶメリット

レジャーユースにも頼もしく応えてくれる

欧州車の中でも利便性に優れた機能、装備の充実ぶりはトップレベル。
家族向けに最適の1台となっている。

後席乗員用に設けられたシートバックテーブルなど、国産のミニバンで見かける機能が備わる。
実用性の高さは新世代メルセデスの中でも群を抜いている。
荷室が広く、使い勝手がいいという点もBクラスを選ぶメリットと言える。

解説

室内の広さはミニバンに慣れた人にうってつけ

Aクラスをベースに、室内を広げたのがBクラス。
ホイールベースは2700mmで等しいが、全高はAクラスを110mm上回る1545mmだから、立体駐車場の利用が可能な限界まで天井を高めた。
その一方で、全長は4400mm、全幅は1785mmだから、Aクラスよりは少し大きいがアクセラスポーツやインプレッサスポーツと同等に収まる。

それでも背が高いので、外観と室内の広さは2列シートのミニバンという印象だ。
サイズの近い日本車として、以前はカローラルミオンが用意されていたが、今は廃止された。
感覚的にはプリウスαやプレマシーも近いが、外観の雰囲気は大きく異なる。

それだけに独特の魅力がある。
とくに推奨されるのは幼い子供や高齢者のいる世帯だろう。
後席の足元が広く、子どもをチャイルドシートに座らせる作業がしやすい。
また後席の度は、床が低めで天井は高いから開口部が広い。
着座位置も適度な高さだから、乗降時には腰の移動量が少なくスムーズに乗り降りができる。
高齢者にも優しい車となった。

その一方で全長は3列シートのミニバンよりも300~400mm短いから、縦列駐車などを含めて運転しやすい。
プレミアムブランドの質感と、幅広いファミリーユーザーに適する実用性、さらに優れた取りまわし性を両立させているのだ。

エンジンはターボを装着する直列の4気筒の1.6リットルと2リットルを設定している。
実用的には1.6リットルで十分だから、推奨グレードはb180(313万円)になる。
緊急自動ブレーキを作動できるCPAプラス、サイド/ウインドウ/ニーエアバッグなどが標準装着されて安心感が高い。

オプションでは、安全性をさらに高めるレーダーセーフティパッケージ(19万9000エン)、LEDヘッドライトやキーレースゴーを含んだベーシックパッケージ(30万6000円)を推奨したい。

内装・パッケージオプション

機能・装備をプラスして満足度をさらに高める。

パッケージオプションは、Bクラスならではの機能も備わるが、基本的にはAクラスと同等の内容となる。

おすすめオプション
  • レーダーセーフティパッケージ
  • ベーシックパッケージ
  • COMANDシステムナビゲーションフルセット

対ライバルとの優位性検証

BMW 2リシーズアクティブツアラー

オールマイティな能力を持ち、見た目も似ているが、後席の居住性や快適な乗り心地という点でBクラスに一日の長がある。

フォルクスワーゲン(VW) トゥーラン

3列目が狭く、ワゴンとして使う場合を想定するなら競合になり得る。
内外装ともに上質だが、運転感覚ではBクラスに及ばない。

さいごに、ちょっと得する情報

メルセデス・ベンツBクラス

「資金作りのために、今乗っている車をできるだけ高く売りたい」
「メルセデス・ベンツに買い換えたとき、今乗っている車の売却交渉を優位に進めるために、相場を知っておきたい」
という方のために、

かんたん車査定ガイドなら、たった1分下取り価格の最高額相場がわかります。(しかも無料!)※無料査定だけでもOK。実際に売るか売らないかは自由です。

 

メルセデスベンツ GLA

メルセデス・ベンツGLA 値引き額・最安値

メルセデス・ベンツの伝統が生んだコンパクトSUV。

独自の4WDシステム、4マチックなどによるオールラウンドな走行性能が自慢。

ダイナミックでスタイリッシュなデザインであり、使い勝手も非常に良いため、用途を限らずオールマイティに使える。

スタイリッシュなデザインと、使い勝手の良さが魅力です!

新車価格表(グレード別)

グレード 価格(万円・税込)
GLA180 351万円
GLA180 Sports 412万円
GLA250 4MATIC 477万円
GLA250 4MATIC Sports 518万円
GLA250 4MATIC Off-Road 523万円

購入見積もり/維持費(概算)

項目 金額
車両本体価格 3,814,815円
車両本体消費税 305,185円
自動車税(年額) 39,500円
自動車取得税(40%減税) 61,700円
自動車重量税(25%減税) 16,800円
自賠責保険料 40,040円
リサイクル料金 18,860円
リサイクル料金 60,000円
合計 4,356,900円

基本情報・燃費・サイズ

グレード名 GLA180 GLA180 Sports GLA250 4MATIC GLA250 4MATIC Sports GLA250 4MATIC Off-Road
全長×全幅×全高(mm) 4430×1805×1505 4455×1805×1495 4430×1805×1505 4455×1805×1495 4430×1805×1535
ホイールベース 2700mm
トレッド 前/後 1555/1545mm 1540/1545mm
車両重量(kg) 1480 1490 1570 1580
最小回転半径 5.7  
エンジンタイプ 直4DOHCターボ
総排気量 1595 1991
最高出力(kW[ps]/rpm) 90[122]/5000 155[211]/5000
最大トルク(N・m[kg-m]/rpm) 200[20.4]/1250-4000 350[35.7]/1200-4000
トランスミッション 7速AT(7G-DCT)
駆動方式 FF 4WD
JC08モード燃費 16.0km/リットル 14.0km/リットル

評価/評判(新型メルセデスベンツGLA)

どんなシーンにも溶け込める、万能ぶりが支持されている理由。

おすすめグレード
GLA 180 Sports 車両価格は400万円超となるが、そのぶん標準で装備れている機能、装備が充実している。
専用デザインのバンパーなどで個性を主張できる。
GLAを選ぶメリット

高い走破性と幅広いグレード構成

抜群の走破性が備わっており、2リットルターボの動力性能は3.5リットルの自然吸気エンジン並み。

また、好みや使い方、予算に応じて選べる幅広いグレード構成となっている。

オフロードの走行も難なくこなせる

AクラスをベースにSUV化したモデルだが、ただのオシャレSUVではない。
4WDシステムやオフロードの走破性を高める機能も用意されている。
アウトドアをはじめ、趣味でクルマを使うなら4WD仕様が狙い目だ。

またSUVにしてはボディアイズがコンパクトなので、オフロード走行時でも取りまわしがしやすい。

抜群の安全装備

緊急自動ブレーキが作動するCPAプラス、サイド/ウインドウ/ニーエアバッグなどは全車に標準装備されるため、ブラインドスポットアシストなどを備えたレーダーセーフティパッケージ(19万9000円)を加えると、極めて高い安全性が得られる。

COMANDシステムナビゲーションフルセット(20万5200円)も人気の装備だ。

アクティブユースにも対応

GLAはAクラスのプラットフォームを使って開発されたクロスオーバーSUVで、全長は4430mm(GLA180)、全幅は1805mmと幅が少し広い。
全高は大半のグレードが1500mm前後だが、GLA250・4マチックオフロードは、最低地上高を1800mmまで拡大した。

したがって全高も1535mmとなるが、1550mm以下だから立体駐車場を使いやすい。

日本のSUVでサイズが最も近いのはスバルXVとなるだろう。
GLAは全幅が1800mmを少し超えるが、全長は比較的短いから取りまわし性が良い。

後席にも相応しい余裕があり、ファミリーユースに応える実用性とSUVのアクティブな雰囲気を両立させた。

となればグレード選びも個性を重視したい。

おすすめのグレードは、GLA180スポーツ(412万円)となる。
価格はGLA180(351万円)に比べて61万円高いが、オプション設定されているベーシックパッケージ(55万1000円)が標準装備され、キセノンヘッドライト、メモリー付きパワーシートなども備わる。

さらにスポーツサスペンション、エアロパーツをセットにしたAMGスタイリングパッケージ(オプションでは選べない)も加わるから、61万円の価格アップで70万円を超える装備が得られる。

外観がスポーティになるから、数年後の下取り査定でも有利だ。

SUVの機能を高めたいなら、最低地上高に余裕を持たせて4WDを備えたGLA250・4マチックオフロード(523万円)を検討したい。

内装・パッケージオプション

機能・装備をプラスして満足度をさらに高める。

パッケージオプションは、GLAならではの機能も備わるが、基本的にはGLAと同等の内容となる。

おすすめオプション
  • レーダーセーフティパッケージ
  • COMANDシステムナビゲーションフルセット
  • ドライブレコーダー

アクティブユースが想定され、高速道路を使ってロングドライブをする機会が多いはずだ。

そういった観点からやはり安全装備は充実させておきたい。

対ライバルとの優位性検証

BMW X1

走行性能は甲乙つけがたく、あらゆる面で実力が拮抗している。
しかし、メルセデス・ベンツらしい上質な乗り味を求めるなら断然GLAだ。

マツダ CX-3

クリーンディーゼルエンジンのハイレベルなポテンシャルがウリ。
弱点は後席スペースの狭さ。
家族を乗せるならGLAのほうが有利。

さいごに、ちょっと得する情報

メルセデス・ベンツBクラス

「資金作りのために、今乗っている車をできるだけ高く売りたい」
「メルセデス・ベンツに買い換えたとき、今乗っている車の売却交渉を優位に進めるために、相場を知っておきたい」
という方のために、

かんたん車査定ガイドなら、たった1分で下取り価格の最高額相場がわかります。(しかも無料!)※無料査定だけでもOK。実際に売るか売らないかは自由です。

 

メルセデスベンツ CLAクーペ(セダン)

メルセデス・ベンツ CLA・CLA Shooting Brake

4ドアクーペという他に類を見ないメルセデスのスペシャルカー。

プレミアムな4ドアというフォーマルな雰囲気に、クーペのカッコ良さが加わっている。

各種の装備も充実させつつ、価格を割安に抑えたことも魅力です!

新車価格表(グレード別)

グレード 価格(万円・税込)
CLA180 351万円
CLA180 Sports 496万円
CLA250 4MATIC 517万円

購入見積もり/維持費(概算)

項目 金額
車両本体価格 3,250,000円
車両本体消費税 260,000円
自動車税(年額) 39,500円
自動車取得税(40%減税) 52,600円
自動車重量税(25%減税) 16,800円
自賠責保険料 40,040円
リサイクル料金 19,530円
リサイクル料金 60,000円
合計 3,738,470円

基本情報・燃費・サイズ

グレード名 CLA180 CLA250 GLA250 4MATIC
全長×全幅×全高(mm) 4640×1780×1430 4685×1780×1430
ホイールベース 2700mm
トレッド 前/後 1545/1545mm
車両重量(kg) 1470 1500 1560
最小回転半径 5.1
エンジンタイプ 直4DOHCターボ
総排気量 1595 1991
最高出力(kW[ps]/rpm) 90[122]/5000 155[211]/5500
最大トルク(N・m[kg-m]/rpm) 200[20.4]/1250-4000 350[35.7]/1200-4000
トランスミッション 7速AT(7G-DCT)
駆動方式 FF 4WD
JC08モード燃費 17.4km/リットル 16.6km/リットル 14.0km/リットル

評価/評判(新型メルセデスベンツCLA)

流麗なフォルムは同セグメントでライバル不在。

それゆえ、特別な車を所有しているという満足感が得られる。

スタイルを重視したクルマに思えるが、4ドアとしての快適性や利便性をしっかりと備えている点も見逃せない。

おすすめグレード
CLA 180 メルセデス・ベンツのベーシックグレードが優れているからゆえの選択と言える。
価格と装備内容のバランスが絶妙!
GLAを選ぶメリット

スタイルの良さと独自性で人気

全長は4640mm(CLA180)、全幅は1780mmとなる。

全高は1430mmだから、4ドアの中では天井が低い。

日本車ではレクサスIS、スバルWRシリーズ、アクセラセダンなどに近い大きさだ。

セダンの価値は、低重心で剛性の高いボディが生み出す優れた走行安定性、乗り心地、外観のカッコ良さだ。

CLAはこういった「今日のセダンの本質」が徹底追及されたから、類似した伊本社が存在しないのだ。

その結果、CLAはメルセデス・ベンツの人気車となった。

価格設定が抑えられ、他車と比べても高い競争力がある

高い支持を獲得している背景には、価格を割安に抑えたことも大きな要因の一つ。

エンジンはすべてターボを装着した直列4気筒で、排気量は1.6リットルと2リットルを用意する。

このうち、1.6リットルのCLA290は価格が351万円だから、CクラスセダンのC180セダンのC180アバンギャルドと比べて125万円求めやすい。

日本車でいえば、アテンザセダンXDプロアクティブに、安全装置を加えた場合と同等の価格だ。

前述のレクサスIS、クラウン、スカイラインなどに比べると明らかに競争力は高い。

おすすめのグレードは、CLA180

動力性能はターボの装着で十分に確保され、緊急自動ブレーキを作動できるCPAプラスなども標準で装備される。

オプションとしては、ブラインドスポットアシストなどを備えたレーダーセーフティパッケージ(19万9000円)、バイキセノンヘッドライトやキーレスゴーなどが備わるベーシックパッケージ(36万7000円)を加えれば、安全&改訂装備が十分な水準に達する。

内装・パッケージオプション

機能・装備をプラスして満足度をさらに高める。

おすすめオプション
  • レーダーセーフティパッケージ
  • ベーシックパッケージ
  • COMANDシステムナビゲーションフルセット

ブラインドスポットアシスト/ディストロニック・プラス/レーンキーピングアシスト/PRE-SAFEが備わって19万9000円という価格設定も推奨理由。

対ライバルとの優位性検証

アウディ A3

国産セダンに比べればスタイリッシュなモデルだが、CLAと並べるとオーソドックスで、スペシャルな感覚が希薄なところが惜しい。

BMW 2シリーズクーペ

純粋なクーペモデルで、後輪駆動を生かした「駆け抜ける歓び」は一歩リード。

ただし、実用面においては4ドアのCLAのほうが有利。

さいごに、ちょっと得する情報

メルセデス・ベンツBクラス

「資金作りのために、今乗っている車をできるだけ高く売りたい」
「メルセデス・ベンツに買い換えたとき、今乗っている車の売却交渉を優位に進めるために、相場を知っておきたい」
という方のために、

かんたん車査定ガイドなら、たった1分で下取り価格の最高額相場がわかります。(しかも無料!)※無料査定だけでもOK。実際に売るか売らないかは自由です。

 

CLAシューティングブレーク(ステーションワゴン)

メルセデス・ベンツ CLA・CLA Shooting Brake

4ドアクーペのCLAをベースとしたステーションワゴン。

シューティングブレークとは、「狩り」を語源としています。

装備内容の充実ぶりや、その希少価値から下取り査定が期待できることを考慮するとお買い得なワゴン(シューティングブレーク)といえる。

世界中を見渡してもこれほどスタイリッシュなワゴンはありません!

新車価格表(グレード別)

グレード 価格(万円・税込)
CLA180 Shooting Brake 360万円
CLA180 Shooting Brake Sports 428万円
CLA250 Shooting Brake 492万円
CLA250 SPORT 4MATIC Shooting Brake 561万円

購入見積もり/維持費(概算)

項目 金額
車両本体価格 3,333,333円
車両本体消費税 266,667円
自動車税(年額) 39,500円
自動車取得税(40%減税) 54,000円
自動車重量税(25%減税) 16,800円
自賠責保険料 40,040円
リサイクル料金 19,770円
リサイクル料金 60,000円
合計 3,830,110円

基本情報・燃費・サイズ

グレード名 CLA180 Shooting Brake CLA180 Shooting Brake Sports CLA250 Shooting Brake CLA250 SPORT 4MATIC Shooting Brake
全長×全幅×全高(mm) 4640×1780×1430 4685×1780×1435 4640×1780×1435 4685×1780×1435
ホイールベース 2700mm
トレッド 前/後 1545/1545mm 1555/1555mm
車両重量(kg) 1490 1500 1510 1600
最小回転半径 5.1
エンジンタイプ 直4DOHCターボ
総排気量 1595 1991
最高出力(kW[ps]/rpm) 90[122]/5000 155[211]/5500 160[218]/5500
最大トルク(N・m[kg-m]/rpm) 200[20.4]/1250-4000 350[35.7]/1200-4000
トランスミッション 7速AT(7G-DCT)
駆動方式 FF 4WD
JC08モード燃費 15.9km/リットル 14.6km/リットル 13.2km/リットル

評価/評判(新型メルセデスベンツCLA)

クーペと同様に、スタイリッシュなデザインとクルマにさまざまな要件を求める今どきのユーザーに適した利便性を兼ね備えている点がポイント。

新世代メルセデスの中でも、特にお買い得なモデルといえる。

おすすめグレード
CLA 180 Shooting Brake 1.6リットル直噴エンジンは、アイドリング機構などとの相乗効果によって燃費性能も優秀。
実用性を加味するとクーペよりもお買い得感が強い。
GLAを選ぶメリット

クーペ風のスタイルを纏った希少なモデル

CLAシューティングブレークはスマートな外観とワゴンスタイルによるアクティブな雰囲気、床面積の広い使い勝手の優れた荷室が特徴だ。

日本では今、ミニバンや背の高いコンパクトカーが増える一方、ワゴンの需要が冷え込み、人気はクロスオーバーを含むSUVに移行している。

そのために国産ワゴンの品揃えが6車程度に減っている。

しかし、メルセデス・ベンツを筆頭に、欧州車には今でも魅力的なワゴンが揃う。

欧州では高速で長距離を移動する機会が多く、低重心でボディ剛性の高いクルマが好まれるからだ。

荷物を運ぶビジネス用途を含めて、今でもワゴンの需要が多い

このような市場動向もあって、メルセデス・ベンツはEクラスとCクラスのワゴンに加えて、全高を1435mmとクーペ並みに低く抑えたCLAシューティングブレークも設定した。

全長が4640mm(CLA180シューティングブレーク)、全幅は1780mmだから、寸法的にはレヴォーグに近いものの、全高はCLAシューティングブレークが50mm低い。

クーペ風の外観はレヴォーグと異なる。

エンジン

エンジンは直列4気筒のターボで、排気量は1.6リットルと2リットルを設定した。

このうち、推奨グレードは1.6リットルターボを搭載するCLA180シューティングブレークスポーツ(428万円)だ。

CLA180シューティングブレークに比べて、68万円高いが、バイキセノンヘッドライトなどを含んだベーシックパッケージ(47万円)が標準で装着される。

さらにフロントスポイーラなどのエアロパーツをセットにしたAMGスタイリングパッケージ(オプションでは選べない)、運転席のメモリー付きフルパワーシートなども加わるから、68万円の価格アップで80万円相当の装備が得られると考えていいだろう。

CLAシューティングブレークは、スポーツ指向の車種とあってAMGスタイリングパッケージの人気も高く、数年後の下取り査定でも有利になる。

おすすめのグレードは、CLA180  Shooting Brake

1.6リットル直噴エンジンはアイドリングストップ機構などとの相乗効果によって燃費性能も優秀。

実用性を加味するとクーペよりもお買い得感が強い。

内装・パッケージオプション

機能・装備をプラスして満足度をさらに高める。

おすすめオプション
  • レーダーセーフティパッケージ
  • COMANDシステムナビゲーションフルセット
  • ドライブレコーダー

クルマの特徴を考慮すると、高速道路を使った遠出も多くなるはず。

ブラインドスポットアシストやレーンキーピングアシストは必須の装備となるだろう。

対ライバルとの優位性検証

プジョー 308SW

フランス車らしいカジュアルでおしゃれ度が高い点は、十分に対応できる。

走りもいいが、CLAのパフォーマンスにはやや及ばない。

スバル レヴォーグ

スバル独自の水平対向エンジンや4WDシステムがもたらす走行性能は魅力だが、プレミアムな雰囲気ではCLAに軍配が上がる。

さいごに、ちょっと得する情報

メルセデス・ベンツBクラス

「資金作りのために、今乗っている車をできるだけ高く売りたい」
「メルセデス・ベンツに買い換えたとき、今乗っている車の売却交渉を優位に進めるために、相場を知っておきたい」
という方のために、

かんたん車査定ガイドなら、たった1分で下取り価格の最高額相場がわかります。(しかも無料!)※無料査定だけでもOK。実際に売るか売らないかは自由です。

 

投稿日:2017年5月7日 更新日:

Copyright© 【ベンツ値引き王】100万円得する交渉術とは?|値引き額の相場・新車価格・最安値で購入 , 2017 AllRights Reserved.